So-net無料ブログ作成
検索選択

普天間「私の立場で対応」小沢氏、稲嶺氏と会談(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は27日夜、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設受け入れ反対を掲げて当選した稲嶺進氏らと那覇市内で会談した。

 稲嶺氏が名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画の撤回を求めたのに対し、小沢氏は「名護市民、沖縄県民の気持ちは理解している。私の立場でしっかり対応していきたい」と述べた。

 政府は移設先の選択肢から現行計画を排除しない方針を示しているが、小沢氏が撤回を主張すれば、実現は難しくなるという見方が出ている。

 民主党の牧野聖修衆院議員が25日、鹿児島県・徳之島を訪ね、地元の3町長に代替施設の受け入れを打診するなど、新たな移設先を探る動きも続いている。ただ、伊仙町の大久保明町長は「上京して平野官房長官の話だけでも聞いてほしいと言われたが、3町長で断った。次は会うこともしない」としている。鳩山首相は27日夜、首相官邸で記者団に、「(徳之島打診の)事実を知らない。個別にどこの島、町という話は一切言うべきでない」と述べた。

<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)
小沢氏「隠し立てするものない」…記者会見(読売新聞)
<足利事件>許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め(毎日新聞)
ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など(時事通信)
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか (産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。